コンピュータ・ウイルスについて

コンピュータ・ウイルスとは?


コンピュータ ・ウイルス(以下、ウイルス)とは、コンピュータを誤作動させたり、ほかのプログラムやデータを破凄するなど、コンピュータ使用者の意志とは異なった動きをして、 不利益をもたらす不正なプログラムのことを指し、経済産業省がその定義を示しています。
簡単に言うと、ユーザーの意志とは無関係にパソコンのプログラムやファイルを破壊するプ ログラムのことで、多くのウイルスが「自己伝染」「潜伏」「発病」という特徴を持っています。
この3つの特徴が風邪やインフルエンザなど、自然界のウイルスと似ているので「コンピュータ・ウイルス」と呼ばれているのです。

表的なものは、フロッピーディスクやCD-ROM、電子メール芯どによって、パソコン に侵入し、 WindowsXPシステムやアプリケーシヨンに感染して潜伏、特定の日や曜日、日数が経過すると発病して、さまざまな悪さをします。単に画面上に花火のイラストを表示するジョーク系のものもあれば、ハー ドディスクのファイルを削除したり、特定のファイルを電子メールでバラ撒いたり、と悪さの度合いや症状はさまざまです。
最近では、「発病」の兆候を見せないものも多いのが特徴です。例えば、発病してもユーザーには知られずこっそり と活動していて、会員専用ページやオンラインバンキングなどのWebページにログインする際に入力したパスワードなどをファイルとして勝手に記録してお き、ユーザーに気づかれないように外部に送信するウイルスもあります。
また、ユーザーが作成したり、保存したファイルをドンドン外部ヘ送信するタチの悪いものもあります。
なお、厳密にはウイルスとは分けて定義されていますが、「キーロガー」や「スパイウェア」と呼ばれるものがあります。

 

ウイルス感染の防止方法


ウイルス対策に最も有効なのは、市販の「ウイルスチェッ力一」ソフトをパソコンに組み込むことです。ウイルスチェッカーはアンチウイルスソフトやウイルス駆除ソフト、ウイルス対策ソフトなど、いろいろな呼ひ名があります。
有名な製品にシマンテック社の「Norton AntiVirus」、トレンドマイクロ社の「ウイルスバスター」などがあります。これらのウイルスチェッカーを導入すると、受信した電子メールをウイルスが潜んでいないか1通ずつチェックし、ウイルスが添付されていたり、潜んでいれば、
ワクチン・ソフトを使って駆除し、 正常なメールにして受信トレイに保存します。
駆除できない場合は、メールそのものを自動的に削除したり、アクセスしない場所にウイルスを隔離します。つまり、結果的にはウイルス付きのメールは受信しても、すぐに発見 して感染しないように対処するわけてす。 また、ウイルスチェッ力ーは受信した電子メールのほかに、送信する電子メールもチェックし(加害者にならないように)、 CD-ROM やフロッピーディスクからコピーするファイル、 組み込むソフトウエアなど、危険性のあるほとんどすべての経路をカバーしてくれます。

 

常に新しいウイルスが誕生し、感染される習威にさらされています。また、感染しながら自身で形態を変えていくウイルス(亜種)もあります。新種や亜種に対応するために、ウイルスチェッカーのメーカーは常に新しい情報ファイルとワクチンを開発しています。新しい情報ファイルは「ウイルス定義ファイル」や「ウイルスデータベース」「ウイルスパターンファイル」 と呼ばれ、ウイルスチェッカーはそれを参照してウイルスを発見するしくみになっています。
なので、常に情報ファイルは新しくしておかないと、ウイルスが襲ってきても検知できません。 情報ファイルの更新は、 NortonAntiVirusの場合は「ライブアップデート」(Live Update)、ウイルスバスターの場合は「アップデート」と呼びますが、どちらもインターネットを利用して1年間は無料で入手し、更新することができます。ウイルスチェッカーを導入しただけで安心しないで、ウイルス情報ファイルの更新も忘れずに頻繁に行ってください。