ディスクリーンアップについて

ディスクリーンアップとは?


ディスククリーンアップはハードディスクのファイルを自動で検索し、ディスク容量を無
駄に消費していると思われるファイルを発見して一掃するユーティリティです。
日頃、ユーザーが忘れていたり、放置しているファイルの中から削除しでも不都合がないファイルを見つけ出して削除してくれる機能なのです。
ディスクの空き容量を摺やしたいときに効果的です。ディスククリンアップで不要と判断される対象となるものは次のものです。

◎インターネット一時ファイル(Temporary Internet Files)
Internet Explorer が迅速にWebページを表示するために、一度表示したページの本文や画像の一部を自動的にディスクに保存します。また、Webページ用の個人設定なども保存されます。これらを一時ファイルと呼び、削除の対象とすることができます。
ちなみに、これらを削除をしても「お気に入り」は消えたりしないので安心してください。
操作画面では、このファイルだけなぜか「Temporary Internet Files」と英語表記されています。

◎ダウンロードされたファイル
Internet Explorer などを利用している際に、Webページを表示するために使われるフ
ァイルやシステム関連のファイル(ActiveXやJavaアプレットなど)を、Windowsは
「Downloaded Program Files」というフォルダに保存しておきます。これを削除するこ
とができます。

◎古いファイルの圧縮
Windowsは、一定期間まったく読み書きされていないファイルを圧縮して小さいサイズにして保管しています(圧縮されていてもファイルは必要となったときに利用できる状態です)。これらを削除することができます。

◎ごみ箱
ユーザーがファイルを削除したため、ごみ箱の中に一時保存されているファイルです。
「ごみ箱を空にする」を選択するまではディスクに残っていますが、ディスククリーンアップで削除することができます。

◎一時ファイル
アプりによっては、自身がメモ帳代わりに使用するファイルを自動的に作成する場合があります。これを一時ファイルと呼び、ユーザーが目にすることはありません。
通常はアプリが柊了する際に、一時ファイルを自動的に削除しますが、なんらかの理由(エラーで発生したり、アプリが不正終了するなど)によって放置され、ごみのファイルとなることがあります。ディスククリーンアップは、一週間以上放置されている一時ファイルを削除の対象とすることができます。

ディスクリーンアップを自動的に実行する


ディスククリーンアップのスケジュール機能(タスクウィザ一ド)と併せて使うと、毎週や毎月、決められた曜日や日にディスククリーンアップを実行するように設定するととができます。